トラネキサム酸が配合される化粧品について

この記事では、トラネキサム酸(医薬部外品表示)が化粧品に配合されている場合の効果と副作用を書いていきたいと思います。

トラネキサム酸というのは、医薬部外品美白有効成として認証されている成分になります。

トラネキサム酸の美白効果を白いばらで表現

化粧品に含まれるトラネキサム酸

トラネキサム酸は医薬部外品として認可を受けているので、化粧品には配合出来ない成分となっております。この辺私達も曖昧な感じですが手にとっているものでトラネキサム酸が配合されているものは「医薬部外品」と表記があるはずです。

トラネキサム酸の概要

2002年に医薬部外品美白有効成分に承認された(∗1)、水溶性のt-シクロアミノ酸誘導体(∗2)です。
∗1 トラネキサム酸は、薬用化粧品(医薬部外品)として配合が承認されていますが、化粧品としては承認されていないため、化粧品には配合できない成分です。
∗2 化学構造的には、4-アミノメチルシクロヘキサンカルボン酸にはトランス体とシス体の2種の立体異性体がありますが、1963年に4-アミノメチルシクロヘキサンカルボン酸のトランス体であることが立証されています(文献8:1964)。
2002年当初は資生堂によってt-AMCHA(ティーアムチャ)とも呼ばれていましたが、現在はm-トラネキサム酸と呼ばれており、「m」はメラニンを意味します(∗3)。
∗3 m-トラネキサム酸は資生堂独自の呼称であり、m-トラネキサム酸とトラネキサム酸はまったく同じ成分です。
また、2018年にはロート製薬によってホワイトトラネキサム酸と呼ばれる成分が配合されていますが、メーカーによって呼称を変えているだけで同じトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は1960年代に国内で開発され、抗プラスミン活性を示すプロテアーゼ阻害薬として、線溶亢進が関与すると考えられる異常出血や出血傾向に対する適応があるだけでなく、皮疹に伴う咽頭痛や口内炎などにも適応があり、幅広い領域で治療に用いられています(文献5:2013)。
また、1979年にトラネキサム酸の内服が肝斑に有用であると発表された後(文献6:1979)、次々と肝斑に対する有用性が報告され、現在でもトラネキサム酸の内服療法は肝斑の治療法として汎用されています(文献7:2008)。

化粧品成分オンライン(https://cosmetic-ingredients.org/)より引用

と書かれていますが、この後にとっても噛み砕いてご説明します。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸の効果は

  • シミの予防(刺激の情報伝達物質を抑制による色素沈着抑制)
  • 炎症抑制

となります。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸の副作用は一般的にはあまり無いと言われています。

※こちらのブログは個人の調査結果によるものであり、異常が出た場合には直ちに使用を中止、専門の医療機関にご相談ください。

トラネキサム酸の使用が向いている人

ズバリ、これは30代男性でヒゲを毎日剃っている、スキンケアに自信は無いが「まだシミが出来ていない」という男性におすすめです。

というのも、トラネキサム酸はメインの効果はシミの抑制です。つまり既に出来てしまったシミには弱いです。更に、シミの抑制においても”刺激”がメインです。紫外線やひげ剃りなど肌に強い刺激をかけている人にオススメといえます。

トラネキサム酸が配合されている化粧品

トラネキサム酸が配合されている化粧品でオススメをご紹介

アクアレーベル ホワイトアップ ローション

資生堂の美白化粧水のアクアレーベルです。アミノ酸やヒアルロン酸も配合されており、シミ、ハリ、乾燥を1本で解決出来ます。

メンズケシミンクリーム

小林製薬のメンズケシミンです。男のシミ対策用クリームとして発売されており、トラネキサム酸が配合されてます。

メンズケシミンのレビュー記事はこちら

美白有効成分も色々とあります。ビタミンC誘導体などは黒化メラニンを還元する、今回のトラネキサム酸は刺激によるプラスミンの生成を抑制することでシミ発生を抑制するなど。

シミに効く!も噛み砕くと色々とあるんですね。

ではまた、kazu(@kazumens)でした!

最新情報をチェックしよう!