ダイエット

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方で痩せる

この記事ではTestosterone氏の著書である、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』をもとに、kazuが実践しているダイエット方法をお伝えします。

私は太りやすく仕事で忙しいときはダイエットを諦め平気で5,6kg増量してしまうんです。

しかし!メンズビューテーライターkazuがいくらスキンケアで清潔な肌を保ってもだらしない身体ではいけないと真剣にダイエットに取り組む事にしました。そこで役にたったのがこの本です。

著者のTestosterone氏はツイッター上で有名ないわゆる筋トレダイエットアカウントの方で有名で、最近蔓延している胡散臭いダイエット方法に警鐘を鳴らした人です。

私もこの方法で無理せず筋肉をつけながらも2ヶ月で5kgのダイエットに成功しました。

この方法できちんと管理できれば痩せます。
なぜなら科学的根拠にきちんと基づいた方法だからです。

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方で痩せる方法

この本で語られている方法は簡単で、摂取カロリーを消費カロリーが上回ったら痩せる、そのためには筋トレで消費カロリーを増やして食事制限で摂取カロリーをコントロールしよう、さらに食事で必要な栄養素もきちんと管理しようというダイエットの基礎的なもの。

しかし、誰もが「スクワットするだけで」「寝てるだけで」「水を飲むだけで」はたまた「つけてるだけで痩せる」などのダイエット方法に踊らされて結局全く痩せずにいる人も多いのでは?

色々買ったりして試したけど結局「言われたとおりに毎日過ごしてたのに痩せない!」という方は是非この記事を読んで生活を見つめ直してみてください。

ただし、○○するだけで的なメディア受けするような簡単なものではありませんよ。

痩せることに関する基本的な考え方

まず、基礎的なところですが

あなたの体についている脂肪を1kg燃焼させようとすると7,200kcal分の消費をしなければなりません

ただ、この脂肪そもそもどうしてつくのかと言うと、摂取カロリーが消費カロリーを上回ったからついているんです

摂取カロリー<消費カロリーなら痩せていきますし

摂取カロリー>消費カロリーなら太っっていきます

とても単純な話です。

じゃあいざ痩せようとなると運動を思い浮かべる人も多いですよね。
運動して7,200kcal分を消費すれば1kgは痩せられます。

その7,200kcalがどのくらいの運動かというと

体重60kgの人が1km走ると60kcal程度消費するので、7,200kcalは約120kmのランニングすると消費することになりますね。毎日4km欠かさずに走る事になります。

「えー、そんな走れないよ」
と思う人も多いと思います。

けど安心してください、そのために筋トレと食事制限があるんです。

筋トレと食事制限で痩せる

運動の消費カロリーをみて心が折れた人のために、筋トレと食事制限で痩せることについて書いていきたいと思います。

筋トレ=消費カロリーを増やす
食事制限=摂取カロリーをへらす

事に繋がります。

人間はカロリーを内蔵と筋肉で消費しており、大きな車が燃費が悪いように、筋トレをして筋肉がつくと筋肉で消費されるカロリーがあがって1日あたりの消費カロリー(=基礎代謝)が上がっていくので痩せやすくなります。

さらに、摂取するカロリーが減れば身体は自然に痩せていきます。

基礎代謝の考え方

基礎代謝はその人の体重、身長、年齢などでも変わってきますが170cm、60kg、30歳の男性の場合は1,500kcalが1日の基礎代謝になります。

一日中寝ているだけでもこのカロリーを消費します。
風引いた時に寝てただけなのに痩せたりするのは、毎食お粥(100kal×3)だけ食べ続けていることにより1日あたり消費カロリーが1,200cal上回りその分痩せていたからです。

これに加えてデスクワークなら×1.2、身体を動かすしごとなら×1.5等運動量に応じて1日の消費カロリーを割り出す事が出来ます。

痩せるためのカロリー計算

基礎代謝が1,500kcalでほとんど身体を動かさない人の消費カロリーが1,800kcal程度と想定しよう。

そして、1日の摂取カロリーを1,500kcalに制限すると1日あたり300kcalの消費をしていくことになります。

300kcal×30日=9,000kcalで約1kgの体重が減る計算になります。

マクロ管理法について

体重が減る仕組みについて話してきましたが、実際にはカロリーコントロールだけをしていても体重は減らなくなってきます。

正確にいうと、減るところまでは減りますがリバウンドしやすくなります。

というのも、栄養素を考えて摂取しないと筋肉のもとになるタンパク質(=プロテイン)が不足するなどして効率が悪くなるからです。

そこでこの本の中で提唱されているのが「マクロ管理法」なのです。

このマクロ管理法は書籍の補助サイトで計算できる自身の基礎代謝や消費カロリー等を割り出して、それをもとにタンパク質、脂質、炭水化物という3大栄養素を1日どれだけ摂取すればよいかを教えてくれます。

この本で他に学べること

全てを紹介する事は出来ないが、この本では他にも

・なぜランニングがコスパの悪いダイエットなのか
・どんな食事がダイエットに良いか
・どのタイミングで食事を摂るのが良いか
・健康そうに見えて不健康な食品
・誘惑に負けてスイーツを食べてしまったときはどう考えるべきか

などが書いてあります。

私はランニングも好きなので筋トレ×ランニング+BCAAを使ってますが、走るのが嫌いな人でもカロリーコントロールさえ出来ていれば痩せるようになっています。

Amazon Audibleで『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方で痩せる』を聴ける

書店でも結構見かけますし、AmazonなどのECサイトでも購入する事ができますが、なんとAmazonAudibleで聴くこともできます。

AmazonAudibleは耳で本を聴けるサービスで、ビジネス書から小説まで幅広いラインナップをランニングや筋トレ中、そして通勤や家事の合間に聴くことが出来るので本当に便利です。

Audibleは月々1,500円で1冊聴くことが出来るのですが、最初の1ヶ月は無料なので実質1冊無料で聴くことができます。

しかも、なんと4月7日までは2ヶ月無料!つまり2冊無料になるんですね。
私の時もこのキャンペーンやっていてくれたら良かったのに・・。

気になる方は公式サイトからアクセスしてみてください。

AmazonAudible 公式サイト

いかにスキンケアに力をいれていても、身体がダルンダルンだときれいなジャイアンみたいになってしまいます。

きちんとボディーメンテナンスもしていきましょう。

ではまた、kazuでした。

ダイエット
最新情報をチェックしよう!